婚活とは、ストライクゾーンの幅を広げること。

婚活とは、ストライクゾーンの幅を広げること。

婚活とは、ストライクゾーンの幅を広げること。

婚活においてハッキリとしてることが一つあります。性格がどんなに良くても、料理がとても上手でも、子どもや動物に好かれる心優し人でも、世間一般的にお嫁さんにしたいようなものを持ち合わせた女性であっても、ストライクゾーンが狭い見た目をしていると婚活はなかなか上手くいきません。『ストライクゾーンの狭い見た目』とは具体的にどうゆうことかといいますと。

 

  1. 清潔感がない
  2. ファッションやヘアーメイクに気を使っていない
  3. 個性的すぎる自分自身のこだわり

 

清潔感がない女性ほど、醜いものはありません。本当にただ基本的なことをクリアにしていればいいのです。爪はキレイに切り整える。派手目じゃないネイルを塗っておく。ムダ毛を処理しておく。指毛などとくに目がいきやすい部分を怠らない。歯をキレイにしておく。笑った時に歯が汚いのはよくないので、せめてホワイトニングなどには行っていた方がいいかと思います。

 

服装はシンプルで無難なものを選ぶことです。白、ベージュ、ピンクなどを取り入れ自分の体型に合わせて選びます。ただし、体型隠しに大きいTシャツにGパンなどはNGです。ヘアーはかなり重要です。髪がボサボサだと本当にイメージが悪い印象を与えます。ヘアーカラーがのびきった状態も良くないですし、傷みすぎているのも良くないです。髪型もベリーショートすぎるよりも、ミディアムぐらいの長さで顔まわりも切り整られ、きちんとブローなどをしておきます。メイクに感しても、つけまつ毛や濃いアイラインをひくような派手なメイクじゃなく、かといって化粧っ気のない感じでもなく、ファンデーションをぬり眉毛を書き、うすくマスカラをつける。ナチュラルメイクが好ましいです。

 

個性的なこだわりは捨てましょう。ピアスをたくさんつける。派手なヘアーカラーをする。好きな服を好きなように着る(柄に柄を合わせるなど)個性的なこだわりを見た目に表現する人ほど、ストライクゾーンの幅はせまくなります。なぜなら個性的=一般的でないので、その良さをわかってくれる人は限られているからです。

 

婚活はすべて見た目です。中身で勝負する!は、必ず負けます。男性の中身重視は9割は嘘です。見た目がよくないと残念ながら中身は見てもらえません。中身さえみてもらえればこっちのものです。そこで初めて勝負ができます。別に太っててもいいのです。きちんと清潔感があれば。オシャレじゃなくてもいいのです。ただ無難なものを自然に着ていればいいのです。個性的なことは素晴らしいことだと思います。ただ婚活には必要ありません。自分の個性的な部分は、中身を知ってもらえてから相手に表現していけばいいのです。

 

そうして、男性からみたストライクゾーンを広げて準備をしておけば必ず出会いは訪れます。事実を受け入れその準備を行っていた女性は中身さえ知ってもらえれば男性の心を鷲掴みできるはずです。婚活とは、ストライクゾーンの幅を広げることから始まります。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ