理想のパートナーと結婚し、そいとげる秘訣

理想のパートナーと結婚し、そいとげる秘訣

理想のパートナーと結婚し、そいとげる秘訣

誰もが望むのは理想のパートナーと出会い、結婚すること。また結婚がゴールではなく、愛し愛され続けることも望みますよね。結婚はもしかしたらできるかもしれませんが、愛し愛され続けるというのが難しいと思います。では、ここでその秘訣をいくつかお伝えします。

 

1、理想の人と出会いたいなら理想像を明確にする。

理想の人と言いながら、どんな人?と聞かれるとよくある答えが『優しい人』や『合う人』。では、あなたの思う優しさは何?あなたと合うのはどんな人?そこが明確でないと、何となくで見た目が良かったから、、とか、面白かったから、、とかで付き合うことになります。それが悪いわけではないです。もしあなたが若い20代前半ならいろんな人とお付き合いをして経験をされることも大事ですが、結婚も視野に入れてお付き合いしたいパートナーを探しているならそんな時間はありません。あなたの理想の人、理想の結婚生活をしっかりと明確にすることです。そうすることで、まわりがあなたの理想像を知っていたら、似た人を紹介してくれるかもしれません。

 

2、自分を磨く

理想の人と出会い、相思相愛になりたい場合、相手が自分のタイプかの見極めも大事ですが、もし出会ったときに選んでもらえる自分でいることも大切です。例えば無表情より笑顔がある人、自分のことしか考えてない自己中心的より人を思いやれる心のある人がそばにいて欲しい人ではないですしょうか?自分にとって居心地がよくて大事にしたい人はどんな人かしっかりとイメージし、そうあるように日常から心がけることもとても大事です。また、第一印象でほぼ決まると言われます。見た目をキレイに清潔感あるように心がけることも大切です。

 

3、選んでもらったら、あとは与える心。

人間関係でうまくいかなくなる大半の理由は『求める心』です。例えば、『誕生日お祝いしたから、してくれるのは当たり前だよね』とどこかで思っていると、相手が忙しくてつい忘れてしまった場合ケンカになったり、もしならなくても自分の中でイライラが募ります。忙しかった相手の状況を受け止めて、自分の気持ちを可愛く伝える。そういうことの積み重ねが相手との信頼を深めるのではないでしょうか?

 

4、結婚後のイメージを話題にする。

相手の両親がどういう人か話したり、とても理想と思う部分を聞いたとき『私もそんな家庭に憧れる。素敵』などと親を大切にしてくれそう、、というイメージと、結婚後どんな妻でいたいかのイメージも相手に与えるとよいかと思います。

 

5、最後は親が登場。

それでもなかなか結婚に踏み切らない方の場合、最終手段は親がでてくると話の展開が早くなります。

 

以上、婚活に向けての大切なポイントを5つお伝えしました。素敵な出会いが訪れることを願っています。


ホーム RSS購読 サイトマップ