婚活で幸せを掴みたいと願った28歳派遣女子の場合

婚活で幸せを掴みたいと願った28歳派遣女子の場合

婚活で幸せを掴みたいと願った28歳派遣女子の場合

筆者も去年は婚活ブームに乗り、お見合いパーティーや婚活サイトを利用していました。とても有難いことに婚活パーティーで出会った今の夫と出会い、半年後に結婚に至りました。新婚生活はとても優しく穏やかな夫と幸せな毎日を送っています。

 

今回は私の婚活の体験談をご紹介させていただきます。婚活していた期間は、活動休止していた期間を含め約10カ月でした。まず私は大手婚活パーティーを主催する企業と、地元をメインにパーティーを開催する企業に登録をしました。お見合いパーティーってどんな感じなのかなというと、参加したすべての男性と3分間ずつお話をするというものです。席を男性側が移動していき、それを2~3周行ってカップリングを決定します。某会社の婚活パーティーの流れを書くと、

 

  1. 全てのお相手と3分間づつお話する
  2. 印象カードと呼ばれる用紙に何番の方が印象に残ったのか記入(何人でもOK)+司会者を通して個人的にメッセージを送ってアピールする(しなくてもOK)
  3. 全てのお相手と3分間づつお話する(その間に司会者が印象カードを集計して個人に配る)
  4. 最終カップリング発表

 

という流れになっています。大体、初対面で何を話せばいいの…?そこで登場するのが、自分を少しでも知って貰うためのプロフィールカードです。名前や生年月日、住んでいる市町村、趣味や好きな音楽、自分の性格…「恋人と行ってみたい場所」などなど様々な項目を記入して相手と交換しながら話を進めていくパターンが主流です。1人に対して3分という時間は相手を引き出すにはとてもとても短く、たくさんの方とお話するので相手に印象を持ってもらう事もなかなか難しいと感じました。何となく苦手なタイプだな~と短い時間の中で感じてしまったりする事もよくある事です。中には合コンのようなノリで参加している男性も多く、次第に顔見知りも増えていきました。(「あ、また会いましたね。最近の婚活どうですか?」という近況報告会になります…)

 

私も10回程婚活パーティーに参加してきましたが、その中でカップリングしたのは3、4回程。例えカップリングしたとしても、一つの出会いのきっかけに過ぎないので必ずしもお付き合いや結婚に繋がる訳では無いのです。ファッションやメイクを研究したりプロフィールカードを工夫したり、趣味を広げようと様々な事をしましたがなかなかうまく行かず…結局、うまく行かない原因は私に価値が無いからなのだと自分を責めるようになってしまい一時的に婚活から身を引きました。婚活から遠ざかっている間、ひたすら資格試験の勉強をしたり友人や家族との時間、1人でいる時間を大切にするようになりました。

 

次第にやる気を取り戻して、数ヶ月ぶりに婚活パーティーに参加した時に今の夫に出会いました。この時私が意識していたのは一つだけ。それは「できるだけ、笑顔」です。結局、幸せを掴むルールって何なの?という問いですが、当時なぜ私を選んでくれたのかを夫に聞いてみると、「笑顔が素敵だったから」と言ってくれました。私も同じように当時彼の笑顔に惹かれていたのです。相手が笑ってくれるから、私も笑顔のなる。お互いに与え合えた時、私達の運命は変わりました。結婚生活も同じ事だと私は思います。「与えること」「与え合うこと」結婚について、愛について考えていただくきっかけになれば幸いです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ